会社概要

株式会社メグビーについて

会社名 株式会社メグビー
本社所在地 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-11-2 周辺地図(別ウインドウが開きます。)
電話 03-3265-0314 (代表)
FAX 03-3265-0319
設立 1982年2月
資本金 10百万円

ビジョン 三石巌のメッセージ Joing the MegV, Join the history

私は一般市民が、自主的に健康を管理するための情報と手段を提供することには、かけがえのない価値がある、と信じています。

自分の構想する食品群を「栄養補完食品」と呼ぶことにしました。不完全である私どもの栄養条件を完全にするために補給する食品、という意味です。栄養条件が完全であるかどうかは、どうすればわかるかと反問する方があるかもしれません。栄養条件の完全さの内容は、科学の進歩につれて深まるはずでありましょう。

とするならば、私の構想する栄養補完食品のひとつひとつの内容は、科学の発展とともに変貌するのが当然というものです。

私は一般市民が、健康という貴重な財産を他人にゆだねるのではなく、自分で管理する方向に歩み出すことを、歴史の必然とみます。

私の現在の心境を語るのに、これ以上ない適切な言葉は「歴史に参加しよう」の八文字です。では、わたしたちはどんな歴史をつくろうとしているのかと言えば、それは栄養学の歴史であり、健康管理学の歴史であります。この二つの科学はこれまでになかったとは言えませんが、それを現代の諸科学のレベルまで引き上げたいのです。そして、健康観や食文化観を現代の知の水準まで持って行きたいのです。

私は、一般市民の輪の中心にたって、健康管理を各自の手に取り戻すという、何よりも人間らしい運動を展開したいと思います。株式会社メグビーはそのエネルギーを生産する機構だ、と考えていただきたいのです。

栄養補完食品群を構成するタンパク質についても、ビタミンやミネラルについても、多くの難問があり、私どもはそれを解決すべく、必死の努力をして参りました。その難問が、ひとつ解決するごとに、製品の飛躍的進歩が約束されるはずです。

そのことは、私どもの開発した製品をお使いいただければ、直ぐにおわかりいただける、と私は信じております。

三石巌プロフィールはこちら

(この文章は株式会社メグビーの発足(1982年)にあたって、「歴史に参加しよう」と、設立者の三石巌が呼びかけた文章の抜粋です。)

沿革

1982年 豊島区目白にて株式会社メグビーを設立
メグビープロ、メグビーミックス、メグビーAなどを発売
1983年 練馬区旭丘2丁目に本社移転
メグビープロミニパック、メグビーボーン、化粧品などを発売
1987年 メグビーS発売
1988年 メグビーP、メグビーFなどを発売
1995年 いかなる場合にもベースとなる栄養素の組み合わせを"ヒトフード"とネーミング。(登録商標済)
1997年 1月17日 三石巌死去(享年95歳)
2000年 練馬区旭丘1丁目に本社移転
2002年 メグビーQ発売
2007年 千代田区飯田橋に本社移転

社長からのご挨拶

メグビーは父三石巌が自分の理論に基づいた自分の理想とする製品を造りたいという夢が叶って1982年に誕生しました。

私は三石巌の長女として父の遺志を継ぎ、信頼され安心してお飲みいただける製品を皆様に提供してまいりました。

現在では健康に関する食品を扱う会社が数多くありますが、同業他社とは根本的に違うのは、父の哲学と三石理論があって成り立つ製品群であり、メグビーである点です。

30年も前に三石理論として、皆様にお伝えしていたことが今では世間の常識として受け容れられるようになってきました。世の中の常識的な理論より父は余りにも先を歩きすぎていたのだと痛感しています。

私の息子達も三石巌の創りあげた理論とその製品を大切に思い、理論をお伝えし、製品をご提供したいという気持ちは私と変わりません。

世の中の情報に押し流されることなく、理論に基づいた製品を造り続けてまいりましたが、今後も変わることなく、皆様に安全で高品質な製品を提供し続けることをお約束いたします。

株式会社メグビー
代表取締役
笹木多恵子

笹木多恵子