• 栄養素編
  • コラム編
  • 分子栄養学入門
  • 上級(会員専用)

賢いダイエットって?

“たくさん食べても太りたくない”と思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

健康情報を扱うテレビ番組でもダイエットはくりかえし取り上げられるテーマのひとつとなっており、年齢を問わず自分の体型を楽して何とか変えたいと思っている人たちの関心を集めているようです。

ある食品がクローズアップされるたびに、スーパーからその食品がたちまちに消えてしまう現象は、よく知られた光景となっています。みなさまの中にも、「~を食べると、からだはこうなる」という関係に代表される軽い情報にもとづいて、からだの状態改善を期待する人はあとを絶ちません。

いろいろなことに気を配りながら、自分のからだと上手につきあうためには、それ相応の知識も必要になりますが、その効果は、ダイエットだけにとどまらず、さまざまなからだの不調に対しても予防的にはたらきますから、メリットはあってもやりそこないはありません。

以前にもご紹介いたしましたが、なかなかやせられずに苦労されている方のために、カロリーを減らしながらも、必要な栄養素だけはしっかり摂ることができるような製品組み合わせの一例をご紹介いたします。

●サンプルメニュー(1日量として 約180~260キロカロリー)

プロ:20~30g
D: 1~2包
ミックス:1~2包
レシチン:1~2包
A: 4粒
E: 4粒
ボーン: 8~10粒
B: 10粒
Q: 4粒

※プロテインを溶くベースドリンクによって以下のカロリーが加算されます。
・牛乳(200ml):134キロカロリー
・ポカリスエット (200ml):54キロカロリー
・リンゴジュース果汁30% (200ml):92キロカロリー

詳しくはメグビー本社・営業所などお近くの窓口までお気軽にご相談ください。 上記の組み合わせを参考に1日1~2回食事代わりにおためしください。 摂取したタンパク質を上手に利用するためにも、おにぎりなど糖質の摂取もお忘れなく!!