• 栄養素編
  • コラム編
  • 分子栄養学入門
  • 上級(会員専用)

大豆イソフラボン、妊婦さん取り過ぎ注意

『取り過ぎに注意して!。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)やがんの予防効果があるなどとして人気のある食品成分「大豆イソフラボン」について、食品安全委員会の専門調査会は、過剰摂取に注意を促す報告書案をまとめた。ホルモンのバランスを崩す恐れがあるとして通常の食生活に加え特定保健用食品などで1日に追加的にとる安全な上限量を30ミリグラムとした。特に、妊婦や乳幼児に対しては「追加摂取は推奨できない」としている。(以下省略)』

メグビープロにも大豆由来のイソフラボンが自然の形で含まれています。日常食の範囲として摂取する分には、納豆、豆腐、豆乳などと同様に心配ないという考えで、更年期に伴う症状でお悩みの方などには状態改善のメリットとしてもおすすめしてまいりました。

一方で、新聞記事にあるようなサプリメントタイプや食品に強化されたイソフラボンは、通常に比べて吸収されやすい形で製品化されています。この吸収しやすさが1つのセールスポイントとなっており、問題にもなっているのです。女性ホルモンに類似したはたらきを踏まえた場合には、やはり摂りかたを考えないと逆効果になる場合もあるでしょう。