• 栄養素編
  • コラム編
  • 分子栄養学入門
  • 上級(会員専用)

ビタミンC不足 → 老化進みます

ビタミンCが不足すると老化が進みやすくなることを、東京都老人総合研究所の石神昭人・主任研究員と東京医科歯科大大学医院の下門顕太郎教授らの研究グループがマウスの実験で明らかにした。人の老化のメカニズムの解明につながることが期待できるという。米科学アカデミー紀要(電子版)で4日に発表する。

マウスなどは人と違い、体内でビタミンCを合成できる。グループは、ビタミンCを合成できないマウスを遺伝子操作でつくり、ビタミンCが少ないえさで飼育した。死亡で半数になる速さを比べたところ、通常のマウスは24ヵ月かかったが、操作したマウスは6ヵ月で半数となった。死因は老衰で、4倍の速さで老化が進行したことになる。

さらに、ビタミンCを全く含まないえさでこのマウスを飼育すると、人がビタミンCの欠乏でかかる壊血病の症状が現れて、約半年後にはすべてが死んだ。

日本ビタミン学会ビタミンC研究委員会委員長の村田晃・佐賀大名誉教授は「ビタミンCの老化防止作用について、動物実験で科学的な根拠が出たのは初めてではないか。ビタミンCが不足すると老化が進むと言われてきたが、それを裏付けるデータ」と話している。

(朝日新聞2006年4月4日号より転載)

私たちはビタミンCに限らず、日頃からどの栄養素についても常に目配りしていたいものです。生活者に役立つ研究とその成果がますます還元されることを期待しています。