長谷川きよ様インタビュー

笹木
本日はお暑い中(2012年7月10日快晴)、会社までお越しいただきありがとうございました。
駅から歩くのも大変なくらいの暑さなので、心配してました。
長谷川
あらぜんぜん大丈夫!だって私くらい歳をとると暑さも感じなくなってるから(笑)
笹木
メグビー創立以前から共に歩んできたお仲間が高齢になりだんだん亡くなっていくので、お元気な方々にお話をお聞きしたいということで対談が企画され、メグビーの役員でもある長谷川さんからということになりましたので、よろしくお願いします。
長谷川
三石先生のことなら、いくらでもお話できますよ。
何しろ先生の講演会はどこにでも付いていきましたし、ドイツもフランス講演もご一緒しましたからねぇ。
そのほかにも勉強会、宿泊研修も参加したんですから、留守中、主人は、どうしてたのかしら??何にも考えないで先生の行くところには、私も行くものだと・・・(笑)
笹木
父はご主人に申し訳ないからと長谷川さんのところ(ご主人は紳士服のオーダーメイドがお仕事でした)以外でスーツを作ることはしませんでしたね。
私はまだ子供たちが小さくて海外まではとても付いて行かれませんでしたが、今思えばあの頃の長谷川さんは、今の私よりずっと若かったんですね。
一口に30年というけれど、そう考えるとずいぶん昔のことになってしまいましたよね。
長谷川
ほんとにねぇ。嫌になるわねぇ(笑)
専務や常務がまだ小学生だったんですもの。歳をとるのは当たり前だわね。
笹木
長谷川さんはどこかが悪くてメグビーを飲みだしたわけではなかったと思いますが、メグビーとの出会いからお話いただけますか?
長谷川
メグビーとの出会いというより先生との出会いといった方が良いと思います。
50代のときに半田さん(三石理論研究所所長)の紹介で3人でお食事したのが最初です。
社会教育の講座をやっていたので、その場で講義をしていただけないかと打診しました。
気持ちよく受けてくださったのですが、区からの謝礼は少ししか出なかったので、それでは安すぎるということになり皆で集めてお払いしたことを覚えています。
半田さんもその少し前に津田の同窓会で久しぶりに先生にお目にかかり、何もしていないのなら勉強会に出ないかと誘われて分子栄養学の勉強を始めたばかりでした。
笹木
半田さんとは昔からのお知り合いでしたよね?
長谷川
そう、ずっと社会教育でご一緒でしたね。
先生からご自宅の勉強会に誘われ「文明の解体」を読み、今まで読んだ本とは違っていて引き込まれたのがきっかけです。
先生の考え方が私と似ていて共感するところが多く、先生についていこうと思ったことが結局メグビーにつながったということだわね。
笹木
そこの所が皆さんと違いますね。
長谷川
メグビーの製品というより、なぜ摂るのかという考え方や生き方、哲学を教えていただきました。自分で考えなくてはダメだということも教わりましたよ。
すべて吸収したくて勉強会も講演会も一度も欠席しませんでしたね。
笹木
長谷川さんは健康でどこも悪いところはなかったんですか?
長谷川
寝込むほどではないけれど低血圧だし胃弱でしたよ。入院は盲腸以外したことはありませんね。
だから、子供たちに「子ども孝行」だと言われてますよ。だって、病気で心配させたことないんですもの。
娘は「三石先生と出会ってよかったね」と言ってくれます。
私の実家はガン家系でみんなガンで亡くなっているけど、私はストレスの処理が上手なのかしら?今までそんな心配をしないで生きてこれたのはメグビーを飲んでいたからで、本当にありがたいと思います。
笹木
今もお一人で生活していらっしゃるし、奥田さんのバランスボール教室にも参加して、勉強会も受け持っていらっしゃいますよね?
半田さんの専科にも欠席なさらないし、本当にお元気ですね。
90歳を過ぎて外出が苦にならないって、凄いことだと思いますよ。
長谷川
それはぜんぜん平気よ。
勉強会って言っても「身体の仕組み」とか「グルコサミンやコンドロイチンは自ら作るものです。」というような私なりの考え方をお話しています。
89歳からは墨絵を習い始めて、月に2回通ってるけど、とっても楽しいの。
家にいるときには墨絵を描いたり、数独をしていますが、数独も前より時間がかかるようになったかしらねぇ。
編み物も好きだったけれど娘に細い糸でショールを編んだらすっかり腰から足が痛くなってしまって(笑)もう編み物はやめました。
8月には娘と北海道の北見までちょっと行ってこようかと思ってるの。たった2泊ですけどね。メグビーは必ず持って行きます。
だって3日飲まないと足が重くなるんですもの。
温泉卵は作り置きしておいて、気がついたら食べるようにしています。
テレビを見るときにはバランスボールに腰掛けるようにしているから、それも健康につながっていると思います。
笹木
頭脳明晰、背筋もまっすぐで血色もよく本当にお元気な93歳の長谷川さんに、脱帽です。
今日は本当にありがとうございました。

長谷川 きよ 様:1919年生まれ 93歳(インタビュー時)

※個人の感想であり、製品の効能を確約するものではありません

インタビュー一覧に戻る