大澤様インタビュー

笹木
お忙しいのに、おいで頂いて申し訳ありません。どの位時間がかかりましたか?
大澤
いいえ。大丈夫、バスで1本ですから(笑)
笹木
大澤さんは古くからのお客様です。1986年に父とビタミンの摂りすぎについての質疑応答で、メグビーの通信物に載ったことがありましたね?
大澤
昔のことで、何を話したのか記憶がないんですよ(笑)
笹木
「摂りすぎ注意ビタミンE・C」という新聞記事を受けて、大澤さんと鈴木さん(三石理論研究所副所長)、長谷川さん(第1回に対談)が質問し、父がそれに答えるという企画でした。
大澤
三石先生の本を読んで、60歳のお誕生日から飲もうと決めていて、1983年6月からずっと続けています。お誕生日まで待って飲み始めたんです(笑)
メグビー設立は1982年でしたよね?
笹木
そうです。本当に古くからお飲み頂きありがとうございます。
最初に読まれた本はなんですか?
大澤
『高タンパク健康法』が最初です。製品が欲しくて、先生のお宅にお電話したんですよ。
年中風邪を引いていたのに、メグビーを摂るようになってどんどん元気になって、風邪もひかず体調もいいですね。
皆さんが異口同音に言われるのは「変わらないですね。若いですね。」って(笑)
笹木
本当にお若いですもの!膝の痛みも今はよくなられたんですか?
大澤
杖はついていますよ。ちょっと高かった血圧も、よくなりましたしね。
インフルエンザの予防注射もこの30年したことがないです。
笹木
最近マンションに移られましたよね?
子供さんとではなくて、90歳で一人暮らしを選ばれたわけですからすごいですね。
大澤
植木の世話が大変になってきたら、ちょうど自宅前のマンションが空いたんですよ。
マンションの方が楽だし、地震の揺れも日本家屋より少ないそうですからね。
笹木
お食事の支度もお掃除も全部ご自分でなさるわけですよね?
大澤
そうですね。ろくなものは食べてませんよ(笑)
メグビー(製品)ばかりいただいています。
笹木
ありがとうございます(笑)本当に、お元気ですよね。
大澤
今では(メグビー製品を)飲まないと不安なんです(笑)
メグビーを飲むことに迷いがないんですね。本を読んでよく解っているものですから。
笹木
そういうお客様に支えられて、32年を迎えることが出来て感謝しています。
30年以上も飲んで頂いていますけれど、大病をなさったことはないんですか?
大澤
メグビー(製品)を飲む前は耳が悪かったり、鼻が悪かったりしましたけれど、今ではそういうことは全くないですね。夜もよく眠れますし・・・
一人暮らしでも、メグビー製品があるので助かります。
笹木
どの位召し上がっていらっしゃいますか?
大澤
プロテインは先生が歳をとってからは、増やしたほうがいいと言ってらしたので夜も飲むようにしたんですよ。
朝20g、夜10gです。
朝はヒトフード(メグビープロとミックス)とEとかAとか粒のものですね。その他に卵、ヨーグルトにご飯かパンを食べます。夜はヒトフードとメグビーレシチン、F、S、E、Q、B、DECですね。朝よりも少なめに飲んでます。
夜に修復ホルモンが出るから、反対の方がいいのかなぁと考えたりしています。
家に居る時にはお昼もヒトフードは、なるべく飲むようにしているんですよ。
お腹がいっぱいになるので、お食事の前に飲むようにしています。
笹木
凄いですね。だからお顔の艶がいいんですね!私も見習わなければいけないですね(笑)
大澤
大丈夫ですよ。私も10何年かは朝だけでしたから。 私は真面目だから、先生が仰った通りに、本にお書きになった通りに飲んでいますよ(笑)
笹木
プロテインを飲んでお腹がいっぱいになったら、お食事を控えればいいですからね。
大澤
そうなんですよ。一人で気楽ですから。
でも夜はメグビープロを牛乳で飲むとお腹がいっぱいになるので、プロタブレットのことが多いですね。お茶で飲むとそんなにお腹が張らないですから。
笹木
講演会は何時も来て下さっていましたよね。
大澤
そうですね。先生の講演会は全部出席していました。
本当は、勉強会にも参加したかったんですけれど、「発表しなければダメなのよ。」って、誰かに言われたので、参加したことがないんです。何か聞かれたら嫌ですから(笑)
笹木
読んだことが頭に入っていて、三石理論を理解して実行なさっているんですもの。凄いですねぇ!
大澤
先生の本は高度な内容でも、解りやすく書いてあったから理解できて良かったと思っています。
笹木
どんなきっかけで父の本を読まれたんですか?
大澤
偶然、本屋さんで見つけて1冊読んだら「わぁ。凄い!」と思って、先生のご本を捜しては読んだんです。
笹木
今はリンパドレナージュにいらしてますけれど、どうですか?
(注:メグビー・リキッドで施術するリンパマッサージ)
大澤
身体が軽くなりますよ。それに、膝が痛いのが治りました。
笹木
ご自分でもマッサージはなさいます?
大澤
いいえ。しません(笑)
近所のマッサージにも時々行きますけれど、やっぱりビタミンEのリキッドでするからいいんだと思いますね。
一本あると、重宝しますね。火傷にはてきめんですよ!打ち身にも良いし、ドアに手をはさんだ時にも、とても良かったです。
舐めてもいいから口の周りが痛い時にも使えますしね。
笹木
きり傷や虫さされ、それに筋肉痛にも良いので便利ですね。
大澤
火傷も水で冷やしている時には痛くないけれど、やめれば痛いでしょ?
でもリキッドを塗れば痛くなくなりますからね。本当に何にでも使えますね。
残念なのはメグビーボーンに牛骨粉が入らなくなったことですね。
先生は何とか特異性があるから、牛骨粉じゃなければダメだと言ってらしたのにねぇ。
笹木
組織特異性ですね?そう言ってましたね。同じ組織に行く性質があるから骨に届く、それがメグビーボーンの特徴だと・・・
よく覚えていて下さいましたね。残念ながら、狂牛病の問題が出てからは手に入らなくなったんですよ。
大澤
手に入らないのでは仕方がないですね。
そのせいばかりではないでしょうけれど、若い時より11cmも背が低くなってしまったんですよ(笑)背が高くて、大女って言われてたんですけれどねぇ(笑)
製品がなくなると聞いて1ケース買いましたよ。このくらいの箱に入ってました。
笹木
24個入りのダンボールですね!
大澤
新製品のメグビーミネラル。あれは良いですね。私は髪が抜けなくなりました。
メグビーって何でもすぐに効果が出るでしょ?
メグビーミネラルを飲むようになったら、ブラシに抜けた髪の毛がたくさん付いてたのに、付かなくなったんですよ。
笹木
膝が痛くなった時に増やしたものはありますか?
大澤
メグビーSを増やしました。とても良いけれど、先生に空きっ腹に飲まないように言われていたので、やたらに飲めないような気がして・・・
笹木
空腹時には牛乳で飲めば、胃に膜ができるから大丈夫だと、言ってましたよ。
大澤
先生の仰ったことは何でも真面目に守ろうとするから、なにか食べなくては、と思うと昼間はなかなか飲めなかったけど、良いことお聞きしました。これからは牛乳で飲むことにします。
先生の声がお若くてねぇ。初めてお電話した時に「先生、お若い声ですね!」って、思わず言ってしまったんです(笑)
笹木
じゃ大澤さんだったんだわ。「僕、声が若いって言われたよ。」って、凄く喜んでいたことがあったんです。「息子さんかと思いました。」って、その時仰いました?
大澤
ええ。言いました(笑)
笹木
喜んで話してましたけれど、大澤さんだったんですね!
大澤
お若い声だったのが、とても印象に残っています。あれはメグビーAじゃないでしょうかねぇ(笑)
笹木
父は20粒位飲んでましたから。 話す機会が多いのと、魚の目ができやすかったので、ビタミンAは多めに飲んでいましたが、結果的に喉にも良かったということになりますね。
大澤
座りダコなんかもメグビーAを飲むようになったら、取れましたよ。
笹木
プロテインはどんな飲み方をなさっていますか?
大澤
牛乳の中にプロテインだけ入れて、ミックスは別に飲みます。
先生は何もかも入れていらっしゃいましたよね。
笹木
父はいろいろ入れすぎですよね(笑)
温泉卵やバナナやメグビーSまでミキサーに入れてましたからね。
「まずい!」って言うと、「沈殿する前に飲めば大丈夫!」なんて言われました(笑)
大澤さんのように勉強した方はまずくても、工夫して飲んで下さるけれど、頭で理解していなければ、飲まなくなる方もいらっしゃいます。
大澤
そうでしょうね。理解していなければ続かないと思いますよ。
この歳になって飲まなくなったら、たちどころに具合が悪くなると思いますよ。
私はコロッと死ねたらいいなと思っているんですよ。末期ガンだなんて言われたら、治療は一切しないと思っているんですよ。
苦しいのは嫌ですからね。身体に悪くても痛み止めを使って、苦しまないで楽に死にたいですね。
メグビーを飲んでいるとこんなに元気だから、死ねなくなると困りますね(笑)
笹木
苦しまないで死ねたらと私も思っています(笑)
大澤さんは本当にお元気で、とても90歳とは思えないです。それに、肌がつやつやしていて羨ましいです。一緒に写真を撮るのが恥ずかしいくらいですもの。
まさに高タンパク、高ビタミンの証ですね。
これからも健康で、また楽しいお話を聞かせていただけたらうれしいです。
今日はどうもありがとうございました。

大澤 久江 様:1923年生まれ 90歳(インタビュー時)

※個人の感想であり、製品の効能を確約するものではありません

インタビュー一覧に戻る