文庫版 脳細胞は甦る ボケ、老化を防ぐ「脳の健康法」

  • 文庫版 脳細胞は甦る ボケ、老化を防ぐ「脳の健康法」

    文庫版 脳細胞は甦る ボケ、老化を防ぐ「脳の健康法」

    三石巌の「脳細胞は甦る」が文庫版として復刊されました。
    初版は1995年です。
    復刊にあたり三石理論研究所の半田節子所長が加筆訂正しております。
    文庫本なので、電車のなかなどでもお気軽にお読みいただけます。
    一度読まれた方にもお勧めです。

    【会員価格(税込)】
    648

    もくじ

    まえがき

    第一章 脳力を高める栄養学
        -高ビタミン・高タンパク・スカベンジャーの威力とは

     (1)頭のよし悪しも栄養しだい
         ポーリング博士が証明した“頭のよくなる法”
         三〇〇倍のビタミン投与で、IQが65も上昇
         頭をよくする栄養は、体も健康にする
         大切なのはタンパク質、ビタミン、ミネラル
         分子栄養学に基づいた知恵が、長寿を約束する
         よい頭も悪い頭も後天的に作られる
         脳にとって、学習よりも栄養が重要な理由
         ストレスで、ビタミンCの必要量は一〇倍に
         ビタミンCで白内障が治った
         代謝の鈍い人を救う法
         カルシウム不足は、心臓病も引き起こす
     (2)ボケ、老化、病気 -すべては活性酸素が元凶
         良く怒る人は早くボケる
         ガンも老化も、すべて活性酸素が原因
         スポーツは老化を早める
         活性酸素を防ぐのも、やはりビタミンC
         ビタミンEは天然品に限る
         こんな食品が活性酸素を除去してくれる
         古くなった油もの、これだけは厳禁
         マーガリンとショートニングを避ける
     (3)高タンパク -じようぶで長持ちする脳の秘密
         生まれつきの体質も、栄養によって改善できる
         ビタミンAで花粉症が治った
         栄養の主役はタンパク質
         無気力、無関心はタンパク質不足が原因
         一日に必要なタンパク質は、体重の一〇〇〇分の一
         半熟の卵が一〇〇点満点

    第二章 脳の活力は”母親”しだい
        -極限まで脳の出力を高める方法

         アルキメデスに「浮力」を発見させた入浴効果
         朝食を抜いて、医師国家試験に落ちた大学生
         食後一時間が、脳の最高コンディション
         頭はよくなったり悪くなったりする
         頭のよし悪しは母親ゆずり
         DNAは超能力を許さない
         同じ食事をしても、「燃費」が悪い人がいる
         高齢出産が不利なのは、ミトコンドリアの問題
         体質の違いはこうして生まれる

    第三章 どうすれば記憶力は高まるか
        -私が「DNA記憶説」を主唱する根拠

     (1)脳は、たんなる記憶を拒絶する
         「意識は科学で説明できるか」
         記憶されやすい情報、されにくい情報
         マグロの目玉を食べても、頭はよくならない
         マインドコントロールはこうして行なわれる
         「思い出せない」のは、記憶のしかたに問題がある
         記憶はどのくらい持続するか
         丸暗記に知能はいらない
         「こだわり」は頭を悪くする
         水道水は安全か
         パブロフの予言は的中した
         アインシュタインの脳に多く存在した物質
     (2)記憶は、どこに保存されるのか
         「生命はタンパク質の一形態」と言ったエンゲルス
         染色体の切れ目が記憶の切れ目
         「直観」「連想」のしくみ
         栄養不足が幻覚を見せる
         集中を助ける物質は睡眠中に作られる
         大豆や卵がボケを防ぐ
         納豆が記憶力を高めてくれる
         妊娠中の飲酒は要注意
         中年過ぎての禁煙は、ボケの原因

    第四章 脳細胞こそ、 もっとも長寿な存在
        -正しいトレーニングで、誰でもどんどん利口になる

         ニューロンの脱落は、なぜ起こるのか
         鍛練できるのは、脳と手足と心臓の三つ
         テレビは脳を鍛錬するか
         なぜ、ガンはボケも呼ぶのか
         なぜ、私はカゼをひかなくなったのか
         頭のいい情報整理法
         ガンの予防にもビタミンCが効く
         脳の鍛練は会話から始まる
         はたして、心はできそこないの百科事典か
         心はホルモンが作る!?

    自分で考える生き方のために -あとがきに代えて

    書籍情報

    文庫: 272ページ
    出版社: 祥伝社 (2010/10/14)
    ISBN-10: 4396315279
    ISBN-13: 978-4396315276
    発売日: 2010/10/14

    この商品に対するお客様・スタッフの声

    この商品に対するご感想をぜひお寄せください。