全集19 心とは何か「情報価値構造論」

  • 全集19 心とは何か「情報価値構造論」

    全集19 心とは何か「情報価値構造論」

    本書は、「構造主義論」を理論的武器にしつつ、「円柱モデル」を仮説として提起しながら、人類の永遠の課題である“心”の問題にアプローチする。5年間にわたる研究会の討論の成果もさることながら、発言者自体の心の動きを題材として展開していく著者の方法論は実に興味深い。“心”のメカニズムを“科学”によって解明しようとする珠玉の一編である。

    【会員価格(税込)】
    1,500

    もくじ

    プロローグ
    1 情報価値構造とは何か
    2 暗中模索
    3 円柱モデルで何が分かるか
    4 情報価値構造の共通理解
    5 情報とは何か
    6 情報の座の閾値
    7 概念・認識・シミュレーション
    8 情報の分類――粘着情報と孤立情報
    9 心とアイデア
    10 カテゴリー型の頭・ネットワーク型の頭
    11 カテゴリーでつくる学問
    12 カテゴリー型の心
    13 三つの思考形式
    14 プリゴジンをめぐって
    15 等価パラダイム・不等価パラダイム
    16 価値体系を考える
    17 心から発現する動機と価値体系
    エピローグ

    書籍情報

    単行本: 218ページ
    出版社: 現代書林 (1991/01)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4876204322
    ISBN-13: 978-4876204328
    発売日: 1991/01

    この商品に対するお客様・スタッフの声

    この商品に対するご感想をぜひお寄せください。