こんなに沢山のお喜びの声を頂いております。( 個人の感想であり、製品の効能を確約するものではありません )
誤字・脱字等は弊社にて修正させていただいております。

犬も長生き

神奈川県 S・F さん 女性

家族の一員の犬達のことです。科学者でもあるDr.ルーカス女史は、アメリカで最初のサルーキ犬舎を作りました。そこから、ショードッグとして2頭の女の子が我が家に来ました。Dr. ルーカスは、遺伝子の研究のためIQの高さを求めて人工授精により娘を産み、その娘さんも人工授精により息子を得ました。この事柄はテレビでも多くの世界に放送されました。また、犬舎のほうでは同研究により良い犬の産生の為、極近親のインブリードが重なり遺伝的欠損が発生しました。
家に来た2頭は共に乳癌になり、メグビーが少なかった1頭は3年前に他界、メグビー量の多い残りの1頭は外産の平均11 歳を越え、今もって優美で元気に毎日を謳歌しています。時々会う獣医師も生命力に驚き脱帽です。三石先生、製品群、そして諸先生がたに感謝の念を捧げます。
犬種:サルーキ、体重:23kg、年齢:12才
[1日の量] プロ× 大さじ2、
E×1粒、DEC×2粒、
A×2粒、カロチン×2粒、B×5粒、S×3包(3回に分ける)
今後、様子をみて増やす予定です。

感想をおきかせ頂いた製品
メグビープロ、カロチン、E、DEC、A、B、S
飲んでいる期間

トランス脂肪酸

長野県 E・K さん 81才 女性

2010年3月24日の朝日新聞(社会面)にこんな記事が載っていました。ご覧になったと思いますが「トランス脂肪酸女性ご注意」の見出しでした。三石先生が「脂肪について」の演題でお話して下さいましたのはもう二十年以上も前のことのように思います。あの時マーガリンとショートニングは体によくありません。トランス型脂肪酸とシス型脂肪酸は分子の形が違います。軟らかくて手軽に使えるように製造するとき添加物も入れてありますと・・・このようなお話でした。佐久には、明治乳業の会社がありますので、これからは新鮮なバターをお使いくださいと云われました。
そのトランス脂肪酸のことが今頃になって新聞に載るのですから、三石先生の学問はただスゴイと云うしかありません。春秋の年2回の講演会にも楽しんで参加しました。まるで理科の勉強をしている気分でした。三石先生との出会いがあったからこそメグビー食品のお陰でこうして健康な毎日を送ることが出来ます。本当に有難き感謝です。

感想をおきかせ頂いた製品
飲んでいる期間

メグビーと私

長野県 M・K さん 61才 女性

私が三石先生に初めてお会いしたのは今から二十四、五年前でした。小諸市民会館で活性酸素のお話をお聞きしたのが最初でした。その頃からリキッドは、冷蔵庫の中に入れてありました。すり傷、きり傷、バレーの時の打ち身の肌に塗ったり、喉の痛い時、詩吟で喉を使いすぎた時とか、色々な場面で活躍しています。
私は子宮筋腫があって、半田先生のアドバイスを受けたのが四十才代でした。リキッドのマッサージ、ヒトフード、E、A、等々、沢山摂りました。「手術をした方が良い」と言われた筋腫も十年前からは、一年に一度の検診ですむ様になりました。
食事は、食べ過ぎない様にしています。
ヒトフードを中心にE、A、S、Qと体調により、飲み分けています。メグビーを一人でも多くの人に理解していただいたなら・・・愛好者のひとりとして幸福です。

感想をおきかせ頂いた製品
E、A、S、Q
飲んでいる期間
25年

自閉症と栄養

東京都 K・I さん 女性

昨年、2009年の12月にルナ子ども相談所を閉じました。32年の長きにわたり自閉症の治療のためにこの相談所を運営してきました。当初は「テレビを完全に消せ」ということでそれなりの効果を上げてきましたが、やはり落ち着かない子どもや言葉が出ない子どもがいて、悩んでいました。
そんな時に三石巌著「メガビタミン健康法」を読み、三石先生の自宅を訪ねました。その本にはレシチンを与えることによって自閉症の子どもが落ち着いたということが載っていたからです。それでメグビーレシチンを手に入れて落ち着かない子どもたちに試してみました。それなりの成果がありました。さらにメグビードリンクも試してみました。言葉は出るのですが、落ち着きのない子どもに与えると時として多動が再発してしまうことがあり、状態を見極めることが必要でした。また、なかなか落ち着かない、言葉がでない子どもに対してGEも試してみました。これも成果がありました。
そんな訳で、生まれつきで治ることはないと世界中で言われている自閉症の子どもたちが、私の相談所では10%ですが正常になって、普通学級に通い、高校、大学も出て、社会人として生活し、結婚して子どもが生まれている人たちもいます。

感想をおきかせ頂いた製品
レシチン、GE
飲んでいる期間

何の前触れもなく・・・

東京都 I・S さん 男性

昨年11月下旬、私は突然激しい呼吸困難に陥りました。初めての経験で背中を叩いたりして、何とか呼吸が出来るようになりました。何十秒という時間がとても長く感じられ、すごく不安になりました。
メグビーの顧問の先生にご相談する機会があり、心筋梗塞又は脳梗塞の疑いありとのお話がありました。メグビー製品を摂るようになって10数年、本当に元気にしておりましたので、とてもショックでした。早速心電図の検査を受け、異常のないことを確認しました。その後、病院に於いて脳のMRI及び頚動脈エコーの検査を受けました。その結果、脳の血管に問題はないが、左内頚動脈に軽度狭窄があるとのことでした。アテロームは自然には消えないとのことで、それを除去するための薬「シンバスタチン錠」についても先生は詳しく説明して下さいました。この薬はコレステロールを下げる薬で、3年間の服用によりアテロームも消えた患者さんのお話もお聞きしました。この薬はHMG-CoA還元酵素を阻害することによる問題もあるのですが、それはコエンザイムQ10を摂れば大丈夫とのことでした。
先生はこの薬が比較的副作用が少ない事、又最近の研究でその他の病状の改善にも寄与している事をご説明下さいました。その上でこの薬を飲む、飲まないは私の選択だとして下さいました。
私は結局薬を飲まない方を選びました。患者の方からこの薬は飲みたくないとはいいにくいのですが、さすがメグビー顧問の先生です。この件は、先生のご相談日に2度にわたり詳しくお聞きしたのですが、とても有意義でした。
現在私は先生のおすすめで1日80mg程のアスピリンとおすすめされたメグビー製品を朝・夕2回に分けて摂っています。アスピリンも薬ですが、少量のアスピリンは三石先生もお認めでした。
呼吸困難の原因がはっきりした訳ではありませんが、以前のように元気になりました。ただ警鐘を鳴らされた今、これからは過信せず臆病にもならず、何かの時は先生方にご相談しながら日々の生活をエンジョイして行きたいと思っています。

感想をおきかせ頂いた製品
飲んでいる期間
15年

薬漬けから開放されました

静岡県 N・C さん 男性

私がメグビー製品を使用してから約半年になります。
私は十数年来の不安神経症で、薬漬けの毎日でした。薬の副作用で以前は42kgだったのが68kgまで太ってしまい、その結果、高血圧になり中性脂肪も基準値を上回るようになりました。精神安定剤のほかに降圧剤、中性脂肪の薬など増えてしまいました。薬の飲みすぎでしょうか? その上、胃が痛むようになり、胃薬も飲むことになりました。まさに薬漬けです。
でも、メグビーAを朝2粒、夕2粒飲み続けたところ胃痛はなくなり、今は胃薬から開放されました。感謝です。
また、私はひどい偏頭痛もちでその痛みにより何週間も寝込むことがありました。これに対してはメグビーFを1日1袋とメグビーボーンを1日10粒飲んだところ、それ以来全く頭痛はなくなりました。また感謝です。
現在精神安定剤を減らそうと努力しています。メグビーを飲んでいると病気が逃げていくような気がして心が安らかになります。これからも飲み続けて元気で長生きしたいと思います。

感想をおきかせ頂いた製品
ボーン、A、F
飲んでいる期間
6ヶ月

歯肉炎

埼玉県 S・S さん 男性

私は歯肉炎がひどく、5年ほど前から歯医者とは縁が切れませんでした。
お医者さんからはユビキノンが処方されていましたが、別に良くなる様子もないまま、薬ではないので飲み続けていました。
メグビーでユビキノン(メグビーQ)が発売されたというので、早速購入し、1日3粒ずつ飲んでみました。
今までは、ユビキノンを飲んでいても、歯ぐきの状態の悪いときには、心臓がぎゅっと締め付けられるように痛みがあり、不安でした。
ところが、「メグビーQ」を1瓶も飲んでいないのに、締め付けられるような痛みはありません。1ヶ月に1度は通院して処置していただくのですが、いつもですと翌月に行くときには膿がたまっていました。これも「メグビーQ」に変えてからは、1ヶ月経っても歯ぐきが膿まなくなりました。歯医者に行くのは憂鬱なので、今度は朝・夕3粒づつに増やしてみるつもりです。

感想をおきかせ頂いた製品
Q
飲んでいる期間
5年

歯医者で誉められました

北海道 K・A さん 43才 女性

先日、奥歯がしみるので、かかりつけの歯医者に行ったときの事です。
この歯医者では、虫歯の治療の際に、いつも歯ぐきの検査を実施していて、その後ブラッシングのアドバイスをしてくれます。今回も歯の治療の後、この「ポケット検査」といわれる細い針のようなもので、歯ぐきの深さを測る検査をしました。
健康な歯ぐきの状態であれば触った位で出血しないはずなのに、ほとんどの部分で出血していました。おまけに深さも1ミリから2ミリが健康とされるのに、3ミリある部分が少なくなかったのです。しかし、今回の検査の結果は違いました。「歯ぐきがとても健康になりましたね!すごいですね。」と歯科衛生士さんに言われたのです。結果の表を見ると、出血した部分もほとんどなく、深さ3ミリの箇所もごくわずかしかありませんでした。これには自分でも驚いてしまいました。
どうして歯ぐきが健康的になったのだろうかと家に帰ってしばらく考えてみたところ、あることに気づいたのです。「メグビーQ」です。2年前と現在で何か違う点は?というと、この「メグビーQ」の登場しかないのです。私は特に歯周病にと思って飲んでいたわけではないので、この効果には嬉しいばかりです。歯医者で誉められることなんて滅多にない経験ですので、本当に嬉しい驚きです。これからも引き続き「メグビーQ」を飲んでいこうと思っています。(私は平均して1日に2~3粒摂っています。)

感想をおきかせ頂いた製品
Q
飲んでいる期間
2年

高齢出産なんて怖くない!

北海道 T・K さん 41才 女性

今年の秋に女児を出産しました。41歳の初産でしたが、助産師さんも驚く程の安産でしたので、ここにご報告させて頂きます。
私は33歳の時に卵巣腫瘍を患い、右卵巣を切除しています。その後ヒトフードをベースにA、E、S、Q、カロチンなど多くのメグビー製品を摂っていたこともあり、月経は毎月正常にきていました。しかし、私の場合40歳を超えていることもあり、妊娠となるともう難しいのでは?と思っていたところに何と妊娠したことが判明!!本当に驚きましたが、妊娠がわかってからは、更なる栄養摂取の強化につとめました。まず葉酸不足が先天異常と関連が大きいといわれることから予防のためにメグビーCを、つわりの予防には特にビタミンB群が必要だとメグビーの管理栄養士の方から教えてもらってメグビーBをそれぞれ加えながら摂り続けたおかげか、経過も驚くほど順調でした。出産当日、陣痛がきてからも、痛みがおさまっている間には夫と笑顔で写真を撮りあう程のリラックス(余裕!?)ぶりで、促進剤の投与を必要とすることなく、自然分娩によりあっという間に出産することができました。
本来出産とはお腹の中の赤ちゃん自身がこの世に生まれ出ようとするものであり、母親はあくまでそれを少し手助けするにすぎないのだと聞いたことがあります。私の経験した出産もまさにそういう感覚でした。このようなすばらしい経験が出来たのも、メグビーとの縁があったおかげだと感謝しています。高齢出産が増えていますが、日頃から栄養条件を整えておけば怖いものはないと思います。
これからの子育てに向けてますますメグビーの出番が増えそうです。

感想をおきかせ頂いた製品
カロチン、A、E、S、Q、B、C
飲んでいる期間
8年

膝の痛みがなくなった!

東京都 T・N さん 男性

中年になりテニスをはじめたのは20年も前のことでしたでしょうか。案の定間もなく膝をいため腫れと痛みに悩み始めました。良いといわれる薬、或いはお医者様の診療も受けましたが、回復はおろか、和式トイレさえ使えませんでした。そのような折、偶然大手新聞紙上に「三石先生とビタミン」の記事を発見致しました。早速、藁をも掴む思いで、先生にお電話をしてみました。これが三石先生・メグビーとの幸運な出会いでした。
先生は素人の私の質問に対して、わかりやすく丁寧にご指導下さり、電話のみならずご多忙な中、お手紙まで下さいました。その後先生にお願いして、「メグビーS」などをいただき飲み始めました。
当初、不遜な私は先生の理論を100%信じもせずに、しかし前述の製品は2ヶ月余りいただき続けておりました。そうしたある日、ふと気がつくと、膝のあの痛み・ブヨッとした腫れが嘘のように治っており、平気でしゃがみこんで居たのです。奇跡!私にとり正に奇跡と思う一瞬でした。この時の感激と歓喜は生涯消えることはありません。
先生のご講義はその後学士会館でお聴き致しました。然し、直接お目にかかりこのことのお礼を申し上げる機会は二度と私に与えられることはありませんでした。心からそれを悔いております。先生の御著書を読ませていただき、体調に悩む方に出会うと一度は必ずメグビーをおすすめしてみる現在です。
長年の私の体験からその素敵な(!)「副作用」は、皮膚のしみの発生を遅らせある程度色白になることにも気づきました。
「活性酸素」は、現在誰でも耳に致しますが、四半世紀も以前から、既にその恐ろしさを私達に教えてくださった三石先生の偉大な存在を私は改めて益々感じております。感謝あるのみでございます。

感想をおきかせ頂いた製品
S
飲んでいる期間
20年
ページトップ