健康常識100のウソ

  • 健康常識100のウソ

    健康常識100のウソ

    著者である物理学者・三石巌は、明治34年に生まれ、95歳で亡くなるまでに、物理学者として自然科学全般の知識を持ち、
    小中学校の理科の教科書、児童書、科学書、健康関連の書籍を300冊あまり書き残しました。
    科学や医学の情報は日進月歩であるにもかかわらず再版を願う多くの声を受け、生前の著書を再編集して出版する運びとなりました。

    本書は、巷にあふれる誤った医学常識や健康神話を「100のウソ」として挙げ、科学的根拠とともに解説しています。
    そして、現代人が真の健康長寿を全うするには、「三石理論」の実践、
    すなわち「良質のタンパク」「大量のビタミン」を摂取し、「活性酸素を除去」することが重要であると唱えています。
    健康長寿を目指す、すべての人必読の指南書です。

    【会員価格(税込)】
    1,296

    もくじ

    序に代えて 渡部昇一

    第1章
    巷の健康常識は間違いだらけ
    医者のいうことを鵜呑みにすると早死にする!

     人間ドックの「異常あり」は心配ない
     同じ食事をする夫婦の病気が異なる理由
     医学の常識は科学の非常識
     多くの健康神話のウソ
     分子栄養学こそが真の予防医学

    第2章
    ガンで死なないために
    「ガンの常識」15のウソ

     001 ガンは早期発見が大切だ
     002 ガンは遺伝する
     003 ガンは予防できない
     004 末期ガンは打つ手なし
     005 ガンの転移は予防できない
     006 タバコを吸うと肺ガンになる
     007 焦げを食べるとガンになる
     008 発ガン物質はガンの元凶
     009 ガンの早期発見には検査が大切
     010 免疫抑制剤は万能
     011 塩分を多く摂取すると胃ガンになる
     012 欧米型の食事をすると大腸ガンになる
     013 ベータカロチンがガンを招く
     014 「がんを防ぐための12カ条」を守れば ガンにはならない
     015 ガンの原因は「遺伝」「食習慣」「生活習慣」のいずれかである

    第3章
    百害百害あって一利なし
    「生活習慣の常識」20のウソ

     016 お酒が肝硬変を引き起こす
     017 コレステロールは体に悪い
     018 血中コレステロール値が高いと脳卒中を招く
     019 塩分を摂りすぎると高血圧になる
     020 降圧剤はやめることができない
     021 高血圧は塩分制限と薬で治す
     022 血糖値を下げると糖尿病は治る
     023 糖尿病には食事制限が必須だ
     024 脂肪肝を治すには禁酒だ
     025 動脈硬化は治らない
     026 貧血には鉄分が効く
     027 痛風の原因は高尿酸値だ
     028 風邪をひいたら医者に行く
     029 発熱には解熱剤を使う
     030 腰痛は運動で治す
     031 肩こりにはマッサージ
     032 関節痛にはカルシウム
     033 骨粗鬆症にはカルシウム
     034 リウマチの痛みはステロイドで抑えるしかない
     035 体脂肪は少ないほうが良い

    第4章
    いくつになってもボケない脳をつくる
    「脳の常識」14のウソ

     036 良い頭も悪い頭も、先天的につくられる
     037 良い頭は学習でつくられる
     038 マグロの目玉で頭が良くなる
     039 朝食を抜くと頭がさえる
     040 食後の脳はコンディションが悪い
     041 感情を表現し、ストレスをためないほうが脳には良い
     042 頭を使いすぎるとボケる
     043 眠っている脳を起こせば、人間の能力は飛躍的に高まる
     044 納豆を毎日食べると頭が良くなる
     045 歳をとると脳は鍛錬できない
     046 タバコを吸う人はボケるのが早い
     047 脳の鍛錬は会話から始まる
     048 脳の機能低下は、食いとめられない
     049 ボケは防げない

    第5章
    全身の老化を食いとめる!
    「老化の常識」6のウソ

     050 老化は食いとめられない
     051 老化はスポーツで食いとめられる
     052 老眼の原因は老化
     053 白内障の原因は老化
     054 緑内障の原因は老化
     055 聴力低下の原因は老化

    第6章
    運動、睡眠、入浴・・・etc. 寿命を縮める危険がいっぱい!
    「日常生活の常識」15のウソ

     056 早朝のジョギングは体に良い
     057 健康のためには運動が良い
     058 痩せているほうが長寿である
     059 ひとつの食品を食べるダイエットは効果的
     060 筋肉強化にはダンベル体操
     061 ストレッチは 体をやわらかくする
     062 快眠・快食・快便が健康だ
     063 紫外線は百害あって一利なし
     064 健康は禁酒、禁煙、減塩から
     065 睡眠は7~8時間がいい
     066 毎日シャワーで済ませても問題ない
     067 無気力・無関心は心の問題
     068 花粉症は早めに病院に
     069 気功は人間を元気にする
     070 居眠りは寝不足が原因だ


    第7章
    騙されてはいけない、命を危険にさらす
    「食の常識」30のウソ

     071 肉や大豆を食べればタンパク質は十分だ
     072 大豆は肉よりも良質のタンパクが摂れる
     073 卵を毎日食べるとコレステロール値が上がる
     074 ブランド卵のほうが栄養がある
     075 動物性脂肪は動脈硬化や心筋梗塞の原因になる
     076 肉を食べる人は脳卒中になりやすい
     077 植物油は体に良い
     078 「体に良い、体にやさしい」と表記されている食品は安全だ
     079 栄養はバランスよく摂ろう
     080 1日30品目は食べよう
     081 バターよりマーガリンを食べよう
     082 無農薬野菜は体に良い
     083 玄米食は体に良い
     084 白糖は体に悪い
     085 アルカリイオン水は健康に良い
     086 野菜を食べればビタミン摂取は十分だ
     087 食物繊維は野菜から摂る
     088 ローヤルゼリーは万病に効く
     089 山菜は体に良い
     090 アガリクスはガンに効く
     091 日本茶はガンを防ぐ
     092 牛乳は体に悪い
     093 大豆は女性の味方
     094 伝統的な日本食が健康に良い
     095 ニンニクは万能食だ
     096 酵素食品は必要だ
     097 腹八分目は体に良い
     098 ビタミンAの摂りすぎは毒だ
     099 ビタミンAはレバーから摂る
     100 サプリメントは必要ない

    第8章
    「健康常識」は科学の視点で見極める

     「分子生物学」から始まった「分子栄養学」
     高タンパクで良くなったケロイド
     驚くべき人体の「合目的性」
     諸悪の根源は栄養不足にあり
     科学に基づいた食習慣で健康寿命を延ばそう

    あとがき 笹木多恵子

    書籍情報

    単行本: 284ページ
    出版社: 幻冬舎
    ISBN-10: 4344971310
    ISBN-13: 978-4344971318
    発売日: 2014/12/24

    この商品に対するお客様・スタッフの声

    この商品に対するご感想をぜひお寄せください。